サポート校

サポート校とは何か

サポート校と通信制高校は違います。通信制高校は学校だけどサポート校は学校ではあります。このことを勘違いしている方も多いかもしれません。
サポート校はよく不登校などで高校中退してしまった方が行く高校であるというイメージがあります。このサポート校について良く知らない方にもっと魅力について知ってほしいので今回はサポート校について紹介していきたいと思います。


●サポート校は不登校やいじめを受けた人でも安心して通うことが出来る

サポート校は不登校を受けて学校に通うことが出来なくなった人でも週1日からスタートするといった臨機応変な対応をしてくれます。
そして慣れてきたら少しずつ登校数を増やしていく。自分に合わせた教育スタイルがサポート校にはあるのです。


●自分の生活スタイルに合わせた学校生活

サポート校にもある程度の規則や守らなければいけない事はあります。しかし、全日制の高校とくらべて個人を尊重した教育を目指しているので、自由な雰囲気の中で教育を受けることが出来ます。
縛られることが極端に嫌いで学校を中退する方もいるかもしれません。その方は一度サポート校を見学してみてはどうでしょうか。
きっと自由で個人の生活スタイルに合わせた教育システムに魅力を感じるはずです。

サポート校の情報を多角的に集める

通信制高校とサポート校がセットであることが多く、このサポート校に通うことができるのはこの学校に通っている人だけ。そんな場合も多いです。
あらかじめしっかりその学校に関する情報を多角的に集めておくこと。この学校に通うためにはどんな条件があるのか。どんな学習内容で勉強するのか。登校日数は。知っておくことは多いです。
WEB、雑誌、サポート校の情報を集める手段は多いです。
知識はあなたの人生を豊かにしてくれるものです。行動するとき、判断するとき、それぞれにしっかり知識を蓄えておくこと。これが大切です。


サポート校の情報を集めておく

サポート校の数はもはや通信制高校より多くなっているということで、その情報網も厚いです。
さまざまな点から、聞いたり見たりして情報を集めること。これが大切です。通信制の学校は全日制高校よりも少し特殊であることが多いので、ここでの学習を進めるペース、進め方にも違いがあるのです。適切な流れで学習をすすめてスムーズに卒業しましょう。


学習内容で学校を決める

サポート校で勉強できることも多く、決して普通の全日制高校に通っていては学ぶことのできないサーフィンや美容関連の授業なんかを学ぶことができます。自分が学びたい内容を教えている学校を選んで入学しましょう。

結果的にサポート校に通う方が自分のためになる

サポート校に通うことができるのは通信制高校に通っている人だけ。
そういった高校の学習は、そこだけで学べる内容は十分だとは言えません。もっと深く、多岐に渡った学習内容を学ぶ必要があると考える人がほとんどのはず。
そこに通ったとしても、ここを卒業することができなくては意味がありません。その通っていた時間は無に帰してしまいます。この時間を無駄にしないためにも、ここなら、と思うサポート校に通ってください。
サポート校の数は多いですから、しっかり情報を探しておいてください。
公式サイトだけでなく、WEB上にたくさんあるその学校に通っていた人の体験談。これにもしっかり目を通しておくべきです。


サポート校に通ったほうが結果的に自由

サポート校の通い方も通信制と同じく自由度が高いです。
週5日通って確実に学習を進める学校もあれば、決まった日だけ通えば良いという学校もありますから、この自由度の中で学校を選んで学校に通って、そして通信制高校とあわせて卒業。
すると自分は高校卒業資格と同時にサポート校で得た知識を持って社会に繰り出すことになります。
これなら通信制だけに通っていた場合よりも多くの自由を獲得できるはずです。


学費に気を付けて

通信制の学校とあわせて通うことになるので、その学費には注意しておかないといけません。ダブルでかかる学費、合わせるとけっこうな金額になるので、この学費の分野もあらかじめ把握しておいて、通う学校を比較した末に決定しましょう。